ベッド

賃貸契約の際には保証会社について知っておこう

キッチン

家を借りる際には、その物件を取り扱っている不動産会社のシステムや規定に従わなくてはなりません。多くの場合、賃貸契約を結ぶ際には、家賃の支払いを保証してくれる連帯保証人が必要になります。これまでは、連帯保証人というと、賃貸契約を結ぶ当事者の親や兄弟などの家族がなることが一般的でした。しかし現在は高齢化社会であり、一人っ子の方も格段に増えています。賃貸契約の際には、既に家族の方が他界されているということも珍しくありません。そのような場合は保証会社を利用することを検討してみてはいかがでしょうか。最近では連帯保証人に有無に関わらず、契約の必須事項として提携の保証会社の利用を提案している不動産会社も増えています。保証会社は、決められた期日に規定の金額を支払うだけで家賃の保証をしてくれるという大変メリットの多い会社です。しかしながら、家賃の滞りなどの問題が一切なくても、退去時にそのお金が戻ってくるということはありません。最初の契約時に特に問題が無ければ、支払ったお金は返ってくると考えている人が多いのも事実です。トラブルにならないためにも、保証会社と契約を結ぶ際には、退去時も含め細部までしっかりと確認を行いましょう。

賃貸契約の保証会社を利用するメリットとは

住宅街

不動産会社と賃貸契約を結ぶ際、その会社によってさまざまな手続きや新たな契約が必要になる場合があります。最近では、不動産会社と提携している保証会社と入居時に契約を結ぶことが必須となっている場合もあります。保証会社とは、ズバリ家賃の支払いの保証をしてもらえる会社のことを指します。フリーランスやアルバイターの方などは、定収入の確保が難しいですから、連帯保証人…

TOP