ベッド

安定した収入を証明できないときの部屋の借り方は保証会社がポイント

賃貸借契約書

きちんと安定した収入がある人は、入居審査を通過しやすくなるため、スムーズに部屋を借りることができます。しかし、それを証明できない人は難しくなってしまいます。収入が少ないことに不安を感じているなら、借り方を工夫してみましょう。
おすすめは、保証会社を利用する方法です。収入の安定を証明できないままやみくもに突き進むより、保証会社のサービスに助けてもらった方が、ずっと通過しやすくなるのです。保証会社は、保証料の支払いを行うことで、連帯保証人の代理をしてくれます。家賃を滞納しそうになっても立て替えをしてくれるので、安心して部屋を借りることができます。その安心感は、貸す側も感じているものです。途中で家賃が支払われなくなるトラブルは回避できるので、ただ収入が少ない人ほど警戒することはありません。そのため、審査が必要以上に厳しくなることもないのです。
安定した収入があることをはっきり証明できないときは、この方法で審査を乗り切りましょう。たとえ収入が少なくても、保証会社にサポートしてもらえることが確かなら、貸す側に与えるマイナスな印象はかなり軽減できます。連帯保証人を探す苦労もなくなるので、便利なサービスを利用し、上手に部屋を確保してください。

賃貸契約の保証会社を利用するメリットとは

住宅街

不動産会社と賃貸契約を結ぶ際、その会社によってさまざまな手続きや新たな契約が必要になる場合があります。最近では、不動産会社と提携している保証会社と入居時に契約を結ぶことが必須となっている場合もあります。保証会社とは、ズバリ家賃の支払いの保証をしてもらえる会社のことを指します。フリーランスやアルバイターの方などは、定収入の確保が難しいですから、連帯保証人…

TOP